お金の教養ブログ

パパママが知っておきたいお金の話を中心に発信します。たまに子育てネタや書評もしてます。

お金の使い方を知らなかった社会人の話

f:id:hiroaki-11:20210407062140p:plain

僕はごくごく平凡なこども時代を過ごし、親や周りの人の生活をみて育ってきました。

 

【ちゃんとした給料を貰うために勉強しなさい】と言われ、高校、大学受験時には塾に通っていました。基本的に勉強があまり好きではない僕ですが、念願だった理学療法士になり、安定した給料を貰うことが出来ました。

 

しかし、親や周りのいうことを参考にして社会人になった僕ですが、ひとつ困ったことが起きました。

 

・お金が貯まらない

・給料が増えず生活にゆとりがない

 

この2点です。

 

家や学校では、【生活のために働く力・お金を稼ぐための力】を教えてはくれます。やる気があれば、高校・大学と卒業することは、そこまで難しいことではありません。

しかし、家や学校では【稼いだお金をどう使うか】ということは、まったく教えてくれません。

実際、僕は社会人になりたての頃『お金は稼いだら使うモノ・貯金は生活が苦しくなったら取り崩す』と考えていました。

この考えが良くない結果になります。毎月貯金はしても欲しいものが出来たら買ってしまい、まったく貯蓄が出来なかったのです。そして給料は伸びないので、生活は変わらないまま・・・

このままではまずい 

と思い2年ほど前から真剣にお金の勉強をするようになりました。

 

まだ2年ですが、毎日お金について勉強して分かったことは

【お金の使い方を知っている人が、金銭的に豊かな生活を築いていく】ということ。

貯蓄や生活費に消える以外に、倹約・節税・稼ぐ・投資などなど、お金にはたくさんの使い道・考え方があることを知りました。

 

学校や家での教育だけでは、金銭的に余裕のある生活を送ることは難しいです。ですから社会人になった後にこそ、精一杯勉強に取り組まないといけません。

お金に関しては、勉強すればするほどお金が溜まっていくので、効果を実感出来て楽しいと思います。

 

そしてお金について知識を持っていれば、大きく損をすることはないと気付きました。

これからもお金の勉強を続けていき、少しでもゆとりのある生活を目指して頑張りたいと思います。またその過程で得た知識を情報発信し、同じようにお金について悩む人の役に立てればな~と考えています。

 

 

長くなりましたが、本日は以上になります。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

 

 

アメリカのインフレ率と資産運用

f:id:hiroaki-11:20210401094054p:plain

 

日本に比べ、投資に強いと言われるアメリカ。

今日は日本とアメリカにおけるインフレ率と金融資産の違いが、20年間でどんな結果をもたらしたかをお話してみたいと思います。

 

目次

1:日本とアメリカの違い

 ・消費者物価指数

 ・投資への割合

2:20年で資産は何倍になったのか?

3:まとめ

 

1:日本とアメリカの違い

消費者物価指数

消費者物価指数とは消費者が購入するサービスの、総合的な費用のことです。この数字の変化をみることで、インフレ率が分かります。

日本は1980年から1995年ごろまで右肩上がりに上昇していましたが、その後は大きく変わっていないことが分かります。

f:id:hiroaki-11:20210406055851p:plain

日本の消費者物価指数の推移

IMF--World Economic Outlook Databases

より引用

対してアメリカは、1980年から2019年まで、ほぼ一定の割合で右肩上がりに上昇していることが分かります。

f:id:hiroaki-11:20210406055217p:plain

アメリカの消費者物価指数の推移

IMF--World Economic Outlook Databases

より引用

 

・投資への割合

アメリカは日本よりも投資額が多いと言われますが、本当でしょうか?

金融庁の金融レポートに資料がありましたので、見ていきます!

 

 

f:id:hiroaki-11:20210405223840p:plain

日本 家計金融資産の構成

平成 28 事務年度 金融レポートより引用

 

f:id:hiroaki-11:20210405223704p:plain

アメリカ 家計金融資産の構成

平成 28 事務年度 金融レポートより引用

 

日本とアメリカの、家計全体における金融資産の構成を表したグラフです。そもそも額が違いすぎて、円グラフの大きさが違います(笑)

株式投資投資信託の割合を見てみると

2016年の段階で日本は18.6%に対し、アメリカは46.2%と大きく違いがあります。アメリカでは家計の半分近くが、投資に回っていることが分かります。

 

2:20年で日本とアメリカの資産は何倍になったのか?

インフレ率、投資割合もアメリカにはかなわなかった日本。この差が20年間でどんな違いを生んだのか調べてみました。

f:id:hiroaki-11:20210406061329p:plain

日米英の家計運用資産の推移

平成 28 事務年度 金融レポートより引用


グラフは日米英の家計運用資産の推移です。

日本の家計運用資産は、1995年から2016年で1.54倍になっていますが、アメリカは3.32倍です。グラフを見れば一目瞭然ですが、こちらも結果に大きな違いがあることが分かりました。

3:まとめ

日米のとインフレ率と投資割合から、家計運用資産までをまとめてみました。

沢山の要因があるとは思いますが、アメリカは日本よりもお金を増やす力に長けていることが分かります。

終身雇用の崩壊や老後2000万問題など、問題が山積みの日本。僕たち日本人はアメリカ人を見習って、【お金を増やす力】を鍛えていくべきかもしれません。

 

本日は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました~!

 

 

インフレって何?

今日はインフレについて記事にします。

「よくわからない」という方も多いと思うので、自分の復習もかねて簡単に説明していきます!

 

目次

1:インフレとデフレ

2:インフレの簡単な流れ

3:インフレのメリットとデメリット

3:まとめ

 

1:インフレとデフレ

インフレとはインフレーション(通貨膨張)のことを指します。物の価格が上昇していくことです。100円の缶コーヒーが翌年120円になれば、インフレと言えます。

反対にデフレとは、デフレーション(通貨縮小)のことを指します。物の価格が下落することです。インフレの反対で、100円の缶コーヒーが翌年90円になればデフレと言えます。

 

ちなみに、2021年2月の時点でカップ麺1個の値段は全国平均で156円ですが2015年2月では1個149円です・・・あまり気にしていませんでしたが、この6年で、カップ麺の値段は上がっており、インフレは確かに起こっています。

 

 

 

f:id:hiroaki-11:20210404141131p:plain

小売り物価統計統計調査による価格推移 より引用

 

2:インフレの流れ

2012年1月 安倍政権はデフレスパイラルからの脱却を目指していました。また日銀(日本中央銀行)は翌年に物価安定の目標を2%、つまり物価上昇率2%を目指すと発表しました。日銀の行った量的金融緩和に関して、図にしてみます。

f:id:hiroaki-11:20210405060153p:plain

日銀の量的緩和について

 

市中銀行が持ってる国債を日銀が買い、購入代金を市中銀行に支払います。こうすることで市中銀行には資金が増え、融資(ローンのこと)を行いやすくなります。そして一般の方に向けて融資を行い、消費を刺激することでインフレを狙います。

 

3:インフレのメリットデメリット

 

メリット:給料が増えるかも

ある会社の商品Aが、1個100円で販売されていたとします。インフレの影響で1個120円になったとします。順調に商品Aが売れ続ければ、会社は20円分利益が増加します。

こうなると、20円分の利益を設備投資に回したり、従業員の給料Upに使えます。

あくまで会社側が決めることではありますが、給料Upの可能性はある ということです。

 

 

デメリット:現金の価値が下がる

f:id:hiroaki-11:20210405062009p:plain

現金価値の低下

物価があがればインフレが起こるし、いいことばかりなの?と言われればそうでもないみたいです。

今まで100円で買えていたものが、120円出さないと買えませんから、100円の価値が下がってしまうのです。

もしインフレでも給料が増えなければ、今後の生活は苦しくなってしまいますね。
 

 

4:まとめ

インフレについて簡単にまとめてみました。

経済・金融については学ぶことが本当に多くて、毎日勉強になります。

インフレに負けず、自分の給料が増えていけばいいのですが・・・(笑)

 

本日は以上になります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました~!

 

 

 

傷病手当金という制度について

f:id:hiroaki-11:20210403065532p:plain

 

 以前、保険を見直す際に色々調べていると『健康保険』の給付内容に『傷病手当金』というものを見つけました。とてもお得な制度で、知らない方も多いのでは?と思ったので、簡単に記事にしようと思います!

 

この記事は

傷病手当金て何?っていう人に向けた記事になります。

 

ご興味があれば、ぜひ読んでいってください!

 

目次

1:傷病手当金とは?

2:実際どれくらい貰えるの?

3:まとめ

 

それでは、それぞれ見ていきましょう!

 

1:傷病手当金とは?

f:id:hiroaki-11:20210403065710p:plain

傷病手当金とは、健康保険の被保険者(会社員)が病気やケガを理由に会社を3日以上続けて休み、給料が支給されない場合に、4日目から最長1年6カ月間支給される制度です。

例えば、足首を骨折して半年間働けなくなったとします。半年間のうち、最初の1か月ほどは有給休暇を貰えたとします。しかしその後は欠勤扱いになり、給料が支給されないとすると、生活していけません。しかし、この傷病手当金があれば、有給以降の半年間の欠勤を、手当金でカバーすることが出来ます。

 

・・・こういう制度があることを、学生のうちに勉強させるべきだと思います・・・

 

 

2:実際どれぐらい貰えるの?

f:id:hiroaki-11:20210403065319p:plain

「その手当金、給料並みに貰えるの?」という質問もあるかと思います。

実は手当金の支給額は、計算式で決まっているようです。

 

f:id:hiroaki-11:20210403062834p:plain

先ほどの足首を骨折した方の仮の傷病手当金を計算してみます。

 

例)支給開始日以前の標準月額報酬=30万円

  骨折のため半年(約180日)休み、有給は1か月(30日)使えるとすると・・・

・支給対象期間:180日-30日-3日=147日

・1日あたりの支給額:300,000円÷30日×2/3≒6600円
・手当金の総額:6600円×147日=970,200円

 

こうしてみると、大きな金額が貰えることに気付きます。

ちなみにこの計算は有給が1か月貰える前提で計算しています。

個々人によって違いがあると思いますので、注意してください!

 

 

3:まとめ

健康保険の給付内容にある、傷病手当金について記事にしました。

知っていれば、もし仮に病気やケガで働けなくなったとしてもあまり慌てなくてもいいと思います。最長で1年6カ月給付が貰えると知っていれば、ケガや病気を治すことに専念できますからね~。

会社員の方には、ぜひ知っていてほしい制度です!

 

本日は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

共働きのデメリットについて

今まで妻と二人で共働きをしてきましたが、

妻の体調が思わしくなく、今年の夏ごろに退職することとなりました。

 

いつも子供のお迎えに晩御飯の準備など、とても頑張ってくれていました。

もちろん共働きなので、僕も手伝える部分は手伝っていましたが、体力的にも、精神的にも限界と・・・

 

共働きの一番のメリットは

毎月の収入の増加だと思います。

 

しかし、僕たち家族には

メリットよりもデメリットの方が大きかったのです。

 

なので今回は【共働きのデメリット】を記事にします。

今後共働きを考えている方は、『共働き生活のリアル』が分かるかと思いますので、

よろしければ見てってください!

 

目次

デメリット1:時間がない

デメリット2:余裕がない

デメリット3:出費が増える

まとめ

 

デメリット1:時間がない

f:id:hiroaki-11:20210402060229p:plain


仕事に行けば勤務時間に加え通勤時間や朝の準備などに時間を取られます。

共働きになることで、お互い自由に使える時間が減少し、以下のような状況になります。

・夫婦の時間がなく、コミュニケーションが取れない

・子供と遊ぶ時間がない

・休憩できる時間が取れない

 

 

デメリット2:余裕がない

f:id:hiroaki-11:20210402060447p:plain


仕事によるストレスで、精神的な余裕がなくなります。共働きであれば、ストレスは2倍です。そしてそのストレスが家庭に影響します。ちょっとしたことでイライラしてしまい、口調が荒くなったり、子供にゆとりを持って接することが出来ません。

具体的には以下のようなことです。

・配偶者への口調が荒れる

・子供の着替えや食事を急かしてしまう

・ストレスのため体調不良に陥り、常に咳き込んでいる

 

 

デメリット3:出費が増える

f:id:hiroaki-11:20210402060659p:plain


時間、余裕のない生活になります。そうなると「手間をお金で買う」ために出費が増えます。また週末買い物に行けば、ストレスから必要ないものを買ってしまうこともあります。

具体的には以下のようなことです。

・食事メニューを考える時間がなく、出来合いのもので済ませてしまう

・「稼いでいるから」とAmazonやスーパーでいらないものを買ってしまう

 

食費に関して、我が家は共働き前よりも2万出費が増えています。雑費も毎月1万5千円のプラスです。ここに保育園代も追加されますので、働けば働くほど、出費は増えていきました。

 

まとめ

共働き夫婦のデメリットを中心に記事にしました。

時間がなく、出費が増え、精神的にゆとりのない生活を送ることが、僕たち夫婦にとって大変辛い状況でした。

もちろん『働くのが好き』『家事をしているよりも外に出たい』という方もいらっしゃると思いますので、一概には【共働きがデメリットばかり】とは言えません。

ただ、『お金のために働く』ということが、辛くなることも確かです。

今後共働きを考えている方は、ぜひご夫婦で話し合い、納得いく生活を選択してほしいと思います。

 

本日は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

住宅ローンの繰り上げ返済について

 

f:id:hiroaki-11:20210226061636p:plain

おはようございます!!

 

昨日住宅ローンの繰り上げ返済について調べていると、

勉強になった部分がありましたので

記事にしようと思います。

 

この記事は

住宅ローンの繰り上げ返済方法について

知りたい方の参考になると思います。

 

宜しければ読んでいってください!

 

【目次】

1:住宅ローンの繰り上げ返済方法について

 ①返済期間短縮型

 ②返済額軽減型

2:どっちがお得なの?

3:まとめ

 

f:id:hiroaki-11:20210401094054p:plain

 

1:住宅ローンの繰り上げ返済方法について

住宅ローンの繰り上げ返済方法には主に2つあります。

 

返済期間短縮型 

返済額軽減型 

 

この二つです。

 

それぞれ特徴を説明していきます。

 

①返済期間短縮型

この方法はローンの繰り上げ返済を行う際

毎回の返済額を変えずに、返済期間を短縮する方法です。

返済額軽減型に比べ、利息軽減効果が大きい特徴があります。

イメージはこんな感じです。

f:id:hiroaki-11:20210401085108p:plain

20-21年版 みんなが欲しかった!FPの教科書3級より引用・作成

元金を減らすので、それに伴う利息も減ります。

ただ、その後の毎月のローン返済額は変わりませんので注意してください!

 

 

②返済額軽減型

繰り上げ返済後、返済期間は変えずに、返済額を減らす方法です。

f:id:hiroaki-11:20210401091511p:plain

20-21年版 みんなが欲しかった!FPの教科書3級より引用・作成

毎月の出費を減らすことが出来るので、学費や雑費にお金がかかる時期に繰り上げ返済をする場合は返済額軽減型の方がいいかもしれませんね。

 

2:どっちがお得なの?

『返済期間短縮型』と『返済額軽減型』のどちらがお得なの?と僕は疑問に思いました。

結論としては、【状況による】でした(笑)

例えば先述のように繰上げ返済時期が子供にお金のかかる時期だった場合は、返済額軽減型を選択して、子供の教育費にお金をかけてあげる方がいいかもしれません。

反対に毎月の出費が少ない時期(子供が社会人になるなど)の場合は返済期間短縮型を選択してガッツリと期間を短縮し、払う利息も少なくしてもいいと思います。

結局は、人それぞれのライフプランによって選択肢が異なるということですね~。

 

3:まとめ

今回は簡単に住宅ローンの繰り上げ返済について記事にしました。

いずれ返済する借金です。返済方法を知っておいて損はありません。

 

 僕は繰上げ返済する時期になったときに、「どっちにしよう?」と困らないように、今のうちから勉強しておこうかと思いました。

 

本日は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました~!

 

お金とは?

普段何気なく使い、生活していいる『お金』。

しかし僕たち日本人は、正しくお金のことを学ばず社会に出る人が大半だと思います。

自分もお金について深く考えたことは、学生時代一度もありませんでした。

 

なので今回は、『お金とはそもそもなんぞや?』『お金があれば幸せなのか?』というお話をしてみたいと思います。自論も混じっていますのでこれが正解かは分かりませんが、少しでもお役に立てればうれしいです!

 

目次

1:お金の3つの機能

2:紙幣になったのはいつ?

3:お金があれば幸せなのか?

4:まとめ

 

 

f:id:hiroaki-11:20210331091630p:plain


 

1:お金の3つの機能

そもそもお金にはどんな機能があるの?と本を読んでいるとこんな記載を見つけました。

 

f:id:hiroaki-11:20210331062920p:plain

 

ちょっと言葉が分かりにくいので、1つずつ説明していきますね!

①交換

欲しいものやサービスを手に入れる手段として、『交換の機能』があるということですね。例えばパンが食べたいときに、100円を出して、パンを買う ということです。このとき100円というお金を『交換』に出してパンを受け取ります。

 

②価値の尺度

これは『お金で物の価値を表す』という意味です。分かりやすい例であれば、家や車の値段が『価値の尺度』に当たります。一台300万円の車、新築1戸建て4000万 などですね!

 

③価値の保存

これにあたるのは『貯蓄』になります。お金そのものに価値があり、後で使うために貯蓄出来るということです。

 

当たり前のことばかり書いてありますが、

改めてお金とは様々な側面を持っているようですね。

 

f:id:hiroaki-11:20210331091902p:plain


 

2:紙幣になったのはいつ?

お金は昔からあったわけではないようです。どうやら人口が増えてから、お金という概念が登場したみたいですね。昔の人々は物々交換をしていましたが、人口が増えるにつれ、お金を使いサービスを利用するようになりました。これが世の中の経済の基礎になってるんですね~。不思議。

元々お金には、貴重なゴールドをを使用していました。これを『金本位制』と呼びます。しかし1976年アメリカで金本位制を完全に廃止したのち、世界各国で次々と金本位制を廃止していきました。今現在の紙幣には金や貴金属と交換できないため、『不換紙幣』と呼ばれたりもします。

 

 

f:id:hiroaki-11:20210331092510p:plain

3:お金があれば幸せなのか?

お金があれば幸せ ではなく 

お金を使うことによって幸せな経験をすることは出来る

というのが僕自身の回答です。

要は『使い方が大事』ってことです。

 

『お金を持っている』だけでは何も幸せを感じません。対価としてお金を払いサービスを受けたり、物と交換したり、お金を払うことで経験出来ること(旅行など)があるからこそ、幸せを感じるのでしょう。

お金そのものに大きな価値はなく、使い方がその人の幸福度を決めるんだろうな~と

僕自身は考えています。

 

4:まとめ

お金について簡単に記事にしてみました。お金には3つの機能があり、長い歴史があるようです。しかしそんな大事なお金でも、沢山もっていれば幸せなのか?と言われると

そうでもないかな~と思います。

大切なのはお金の使い方です。使い方を間違えなければ、大金持ちでなくても幸せにはなれるんだろうな~と考えます。

 

本日は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました~!